マンサンダル(MAN SANDALS)Q&A

クッションがないと足が痛くならない?

人間の足は衝撃を吸収できる構造になっているため、正しく走れば痛くなることはありません。しかし、シューズと同じ走り方をすると足を痛めてしまうので、マンサンダルでの走り方を身につける必要があります。

ランニング初心者でも大丈夫?

むしろクセがない分だけマンサンダルが向いています。「初心者はクッションが効いた厚底のシューズが必要」と言われますが、ランニングでケガをするのはクッションが足りないせいではありません。身体に負担をかけるフォームで走ったり、自分の筋力を超えて走るのが原因です。

鼻緒で指の間がすれたりはしない?

マンサンダルではコードをゆるく巻くので、指の間がすれることはありません。「ゆるふわりん」の原則を守れば大丈夫です。

フルマラソンを走りきることもできますか?

フルマラソンだけでなく、ウルトラマラソンを完走した人がたくさんいます。開発者自身もマンサンダルでサブ3(フルマラソン3時間以内)を達成した他、200km超のウルトラマラソンを完走しました。

夏だけじゃなく冬もサンダルですか?

走っている間は足も温まるので、東京の冬であればサンダルでも大丈夫です。ただし、冬は乾燥でカカトが割れやすいので、足裏のケアをしっかりする必要があります。開発者は馬油を愛用しています。

トレイルランニングにも使えますか?

通常のマンサンダルでは、ソールと足裏の間に泥が入り込むとすべってしまい、サンダルが破損することもあります。悪条件にも対応できるダブルマンサンダル(W MAN SANDALS)の利用をおすすめします。好天時のハイキングであれば通常のマンサンダルでも大丈夫です。
(ダブルマンサンダルの作り方は準備中)

耐久性はどれくらいありますか?

耐久性はシューズに劣りません。ただし、地面を擦るような走り方をしていると、ソールの傷みが早まったり、コードが切れてしまうことがあります。

コードをしっかり巻いた方が落ち着きます

コードでソールを足にしばりつけてしまうと、どうしてもシューズの感覚で走ってしまいます。最初は違和感があると思いますが、マンサンダルの走り方を身につければ、ゆるく巻いた方が快適に走れます。

足裏にマメができてしまいます

足で地面を蹴ったり、擦ったり、こねるような動きをするとマメができやすいです。マメができるのは、身体に負担がかかる走り方をしている証拠です。マメができたときは無理せず休み、足裏が回復してからランニングを再開してください。

つま先が地面に引っかかってしまいます

地面を擦るような足の動きだと、ソールの先が地面にひっかかります。足は股関節からしっかり引き上げて、足を上から落とすような感覚で着地します。

タイトルとURLをコピーしました